アサヒ Asahi アサヒベルテッド ASAHI BELTED M020 MUSTARD

価格: ¥13,000 (税込 ¥14,300)
[ポイント還元 429ポイント~]
SIZE:
数量:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

『ASAHI』
アサヒシューズは、1892年に石橋徳次郎氏によって
仕立物業として創業、その中のひとつに、足袋があった。
転機となったのは1922年、それまでは糸で縫いつけていた足袋のソールを、
ゴムに硫黄を混ぜると弾力性が増す「加硫」の技術によって
直接貼り付けることを可能にした。
日本初の貼付式地下足袋の誕生である。
耐久性に富んだこの足袋は炭鉱で働く人々に絶大な支持を受け、
その後スポーツシューズの生産にも乗り出す。
1970年代からUSAブランドの生産や日本ライセンスアイテム、
日本の一流ブランドのOEMなど、数々の名品を世に送り出した。

「Asahi」はそんなアサヒシューズから
足袋から始まった加硫をはじめ、
シューズ作りの歴史で培われた技術を発揮して、
デザインセンスが融合したブランドを作りたい。
そんな思いで2016年から開発がスタートした、アサヒシューズの新ラインです。

“ASAHI BELTED”
1970年代当時のバスケットボールシューズのラスト(靴型)をベースに
製作されたアサヒベルテッドです。
スポーツシューズとしてのスニーカー黎明期において、
バルカナイズ製法によるバスケットシューズやテニスシューズは
アッパーにレザー(天然皮革)を使用すると
ソール(ゴム)との接着の相性が悪く耐久性に難がありました。

その策としてアサヒ工場が発案した、
コットンのヘリンボーンテープをベルト状に巻いてソールと接着する技法。
某有名ブランドの国産スニーカーを作っていた時にも、この技法は使われており
このかつての技法に再び意匠性と耐久性が見出されています。

上質なスエードアッパーを使用し
ヘリンボーンテープとの素材のコントラストがポイントとなった
アッパーのデザイン性はクラシックな佇まいながらも新鮮さがあります。

履き口のライニングには馬裏革を採用しておりますので、
履いた際のフィット感も抜群です。

こちらのスニーカーもデッキシューズと同様に
久留米の職人さんがヴァルカナイズド製法にて
一足ずつ丁寧に作ってくれておりますので
ソールの弾力性は他にはない物となっており
履き込むごとにソールの返りが良くなっていき
履き心地が増していくポイントとなっております。

MADE IN JAPAN

素材 スエードレザー/コットンヘリンボーン/ラバー

~サイズの参考~
表記より、少し大きめなサイズ感ですので
普段通りのサイズ、もしくはハーフサイズ小さめのサイズ選びがオススメです。

















 


    

member

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ